日焼け止めクリームの選び方

暑くなってきましたね。

実は、紫外線が容赦ないこの時期に

日焼け止めクリームで どのSPF数値のものを使用するか?で、

秋以降のお肌に大きく影響します。

そもそも、SPFとは?

紫外線による”赤くなる日焼け”の防御効果を数値で表したもの。

SPFの数値は時間で20分で計算します。

例えば、SPF15の日焼け止めを塗ると

20分×15=300分=5時間

5時間後まで”赤くなる日焼け”を遅らせることができる、ということです。※個人差があります

ではPAとは?

短時間で皮膚を黒化させ、シワやたるみの原因となるUV-A波の防御効果を表したもの。

”PA+”の”+”表記が多いほど、効果が高くなり、4段階で表示されます。

ちなみに、このUV-A波は、曇りの日や室内でも影響を及ぼすので注意が必要です。

やはり、
防御効果が高い日焼け止めクリームを選んだ方が良いのでしょうか?

防御効果の高い日焼け止めには、紫外線吸収剤や紫外線散乱剤がその分多く配合されています。

SPF数値が高いほど、肌への負担も増える、とも言えます。

例えば紫外線吸収剤は、

皮膚の表面で紫外線を吸収し、

化学的に熱を別のエネルギーに変えて放出する働きがあり、

放出する際に肌の水分が蒸発し乾燥を招きます。

その表面で起きる化学反応に耐えきれず肌荒れが起こりますし、

白い粉を溶かして作られた吸収剤、散乱剤は、

とにかく落ちにくいんです。

いつものクレンジングの量で落ちきれてないので日焼け止クリームが毛穴に詰まったまま、蓄積していきます。

そして、

落ちにくいから、と(これがまた手の感触でも落ちた感じがしないんですよね、(^_^;))

洗顔時にゴシゴシやりがちです。

それを毎日繰り返していると・・・

秋にはボロボロのお肌が出来上がります。

では、お肌に負担のかからない、日焼け止めクリームのポイントはなんでしょう?

紫外線吸収剤不使用

SPF15~25前後、PA++くらい

ビタミンCやペプチド等、有効成分が配合されたもの

※あくまで日常生活での数値です。海や山などアウトドアで長時間外で過ごす際は、一時的にSPF値の高いものをおすすめしております。

そして、塗り方にもポイントがあります。

ご来店の際、サロンにて

鏡を見ながらお伝えしておりますので、

ご希望の方はお知らせくださいね^^

 

関連記事

  1. ノーファンデをうたっているけど魔法のファンデに出会ってしまい…

  2. オイルクレンジングを使っていませんか?

  3. 肌が乾燥するときは洗顔を見直すべし!