睡眠は最高級のエステ!美人は夜、作られます。

アラフォー、アラフィフの皆さまこんにちは。

伊勢のエステサロンアマレットの西尾です。

台風の被害が日増しに明らかになっていきますね。

被災された多くの方へ心よりお見舞い申し上げます。

今回の台風でサロンもお休みとなり12日は1日家で過ごしました。

大好きな映画を3本観て、いつもより早く布団に入ったので、たっぷり9時間寝たんですが、翌朝起きてびっくり!特別なスキンケアをしていないのに、お肌が明るく、ツヤツヤです。

睡眠は、ウン万円の高級クリームに勝る、最高級のエステだな、とつくづく思いました。

仕事に家事に、子供の世話に、介護に、、、今の女性は本当に多忙で、ついつい寝るのが遅くなって、満足のいく睡眠がとれない方が多いかも知れません。

睡眠不足で迎えた朝は、なんとなく顔がくすんでいたり、むくんだり肌の調子が悪くないですか?

ぐっすり眠れていて睡眠満足度が高い方は、肌トラブルも少ないんです。

入眠後、脳下垂体前葉という場所から”成長ホルモン”が分泌されます。

成長ホルモンは別名”若返りホルモン”と呼ばれており、

細胞の新陳代謝に伴う皮膚の弾力とツヤの回復(若返り)

基礎代謝の促進(ダイエット効果)

筋肉の修復(運動能力向上)

疲労の解消、など、活発な働きをしてくれます。

まさに「寝る子は育つ」ですね。

この成長ホルモンが大量に分泌されるのが、眠りについてからの2~3時間後。

今までは22時~午前2時がシンデレラタイム、ゴールデンタイムといわれてましたが、最近の研究では就寝時刻ではなく、成長ホルモンの分泌がピークになる眠りについてから2,3時間後が大切なようです。

この成長ホルモンをより多く分泌させるためには、ぐっすり熟睡できるかが重要なんです。

ぐっすり熟睡するために、睡眠ホルモン”メラトニン”が大切ですが、メラトニンは太陽の光を浴びることで作られ始めます。太陽の光を浴びて16時間後にメラトニンができるため、仮に夜11時に寝るには、朝7時に起きて朝日を浴びると良いと思います。

ちなみに、スマホやパソコンの画面から出ている”ブルーライト”は、この”メラトニン”を減少させてしまいます!

美肌のためにもベッドの中でスマホを見るのは控えたほうが良いですね。

秋の夜長に、いつもより早くお布団に入って、睡眠エステしましょう♪

関連記事

  1. 最近、肌が乾燥したりごわごわするのはナゼ?

  2. 日焼け止めクリームの選び方

  3. オバケを目撃した話