肌が乾燥するときは洗顔を見直すべし!

前回の記事で、肌が乾燥する原因は

紫外線と洗顔とお伝えしました。

どうして、洗顔一つで乾燥したりごわごわしたりするのでしょう?

理由は3つ。

1.洗浄力の強い市販のクレンジング、洗顔料を使用している

2、すすぐ時、体をすすぐ温度と同じ、熱いお湯ですすいでいる

3.朝はお湯ですすぐだけ

この3つを改善しない限り、乾燥肌の負のスパイラルに陥ります。

1.市販のクレンジング、洗顔料を使用している

市販のクレンジング、洗顔料は、とにかく汚れを落とせば良い!という考えのメーカーが多いため、

洗い上がりが、さっぱり・すっきり・キュッと汚れが落ちて

どんな人が使っても万人受けするように作られています。要するに洗浄力が強いんです。

洗浄力が強いと、メイク汚れだけでなく、本来肌に必要な油分(皮脂)常在菌(バリア機能)までも奪ってしまいます。

洗顔後、顔がつっぱる、という人は、洗浄力の強い洗顔料と、次の記事のすすぎの温度を見直しましょう!

2.熱いお湯ですすいでいる

寒くなると、自然と顔や体にかけるお湯の温度が上がります。

体にかけて温かい、と感じるお湯の温度では、肌に必要な油分(皮脂)を奪ってしまいます。

だから乾燥するんです。

温泉にいくと、お風呂上りは顔がパッキパキになりませんか?
あれば温泉が肌に良いから、と高温の温泉水を顔にバシャパシャかけるからです。

そして、冬場は、お風呂の時のシャンプーを流すお湯の温度が高くなるので、顔にかからないよう注意しましょう。

顔のお肌にとって最適なお湯の温度は32度。(余談ですが、頭皮と髪の毛にとってベストなお湯の温度は38度ほどなんですよ。)

”お湯”ではなくぬるま”水”に近い温度です。

3.朝はお湯ですすぐだけ

これやっているお客様が意外と多くて!

どうしてですか?と聞くと、ほぼ全員が「肌が乾燥してるから」という回答でした。乾燥しているから、洗顔料を使わないほうが良いと思っていたそうです。

逆です、朝お湯だけ洗顔をしているから、乾燥するんですよ!

寝る前にスキンケアしますよね。スキンケアでベタベタになった肌に、

寝ている時に、寝具のほこりや、ダニ、ダニの死骸や糞がついて、その上、真冬でも寝ている時に汗をかくので、肌がドロドロになります。

そして、冬場は特に空気が乾燥しているので、スキンケア化粧品と汗が混ざって肌が酸化します。

お湯だけ洗顔では、ドロドロの酸化汚れが蓄積してしまい、毛穴を防いで角質層が厚くなり、肌のターンオーバーが促進されず、

促進されないってことは死んだ角質細胞が肌にたまっている状態ですので、化粧水や美容液の浸透性が悪くなり、肌がどんどん乾燥するんです。

10月11月は吹き出物や白ニキビでお悩みのお客様が多かったのですが、ナント全員、朝はお湯だけ洗顔でした~!

お湯だけ洗顔のツケが溜まって、毛穴に汚れがたまり、角質層が厚くなり、ざらつきや白ニキビ、吹き出物の原因にもなるんですよ。

朝も洗顔料を使っての洗顔は大切です。

ここで1に戻りますが、市販の洗顔料では洗浄力が強すぎますので、

汚れをしっかり落としつつ、でも肌に必要な皮脂成分をしっかりキープするような美容成分が配合された高品質の洗顔料を使用するのがポイントです。

 

乾燥するときは、オイルを塗ったりワセリンを塗ったりするのではなく、洗顔方法・洗顔料を見直しましょうね。

 

 

関連記事

  1. 体の内側からの紫外線対策

  2. 洗顔はとっても大切です

  3. メイクをしたまま寝るということ